温湿度変化による影響とトラブル、予防策

Home > 温湿度変化による影響とトラブル、予防策

クラリネットの管体やパッドは天然の素材でできており、温度や湿度の影響を受けやすいので、注意が必要です。

冬場に暖かい部屋で演奏した後、寒い廊下に出るなど、楽器への急激な温湿度変化は割れの原因となります。

管体の内部は暖まって膨らもうとしているのに対し、外側だけが冷えて縮もうとするため、ひずみが起きて管体の外側や、

音孔部分が開くように割れてしまうのです。

割れの予防策

 急激な温度変化を避ける
 演奏中、トーンホールやベルの下から水が出ないように、こまめにスワブを通す
 使用後は水分を良く取り、ケースに入れて保管する
 特に新しい楽器は長時間使用しない
 必ず楽器はケースにしまって移動する
 冷えている楽器を使用する場合は、息を入れて温めずに、徐々に室温になじませてから演奏する
 定期的に購入店等に調整を依頼する
 楽器ケース内に乾燥剤などを入れておくのはお勧めしません
トラブル対応
 
下記のような症状が発生した場合、早期に的確な修理・調整をすれば問題なく使い続けることができますので、
お買い上げ店か、ビュッフェ・クランポン サービスセンターにご相談ください。
 
 接合部がきつくなった
 音が出づらくなった
 パッドの表面が切れた
 キーの雑音が大きくなった
 管体が割れた
事例
↓接合部の膨張
↓破れたパッド
↓管体の割れ
所在地

〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目8−17

アクセス:
東京メトロ東西線「東陽町」駅1番出口より徒歩約3 分

コンタクト

電話 : 03-5632-5511

Email : showroom.tokyo@buffetcrampon.com

株式会社 ビュッフェ・クランポン・ジャパン

@ 2019 Buffet Crampon Japan ・ All rights reserved

Close Bitnami banner
Bitnami