Assemblage

Home > クラリネットの組み立てかた

クラリネットの基本的な組み立てかた

● クラリネットの組み立て解説動画

クラリネットはデリケートな楽器です。良い状態を保ち、長く楽しめるよう、ぜひ正しい組み立てかたを覚えましょう。

世界中のアーティストから高い評価を受けている「ビュッフェ・クランポン・ジャパン サービスセンター」で、長年クラリネットの調整・修理を手掛ける技術者のひとり、沼舘比呂司さんが、正しい組み立てかたを解説します

● クラリネットの組み立て方法

組み立てる際の基本的な注意点

写真のように、正しい位置でクラリネットを握り、組み立てましょう。
トリルキーやレバー、レジスターキーなど、キーに過度な力が加わると、不具合や破損が発生し、調整が必要になります。
握らないように注意して組み立てましょう

↓上管の正しい持ち位置
↓下管の正しい持ち位置
持ち方_下管
↓上管枠内のキーは握らない
↓下管枠内のキーは握らない
事例:トリルキーを
握ったために破れたパッド
 
1.各接合部(4か所)のコルクに、指で薄くコルクグリスを塗ります。
《注意点》
  • コルクグリスは毎回塗る必要はありません。楽器が新しいうちや、組み立てる際にギシギシ音がするような場合にご使用ください。
  • 木部にコルクグリスがはみ出して付着した場合は、ティッシュなどで優しく拭き取ってください。
  • コルクグリスを塗っても接合部が固く組み立てづらい場合は、無理せず専門の技術者に調整してもらいましょう。
  • コルクグリスは、メーカーによってコルク部分がきつくなるものや、コルクに浸透しすぎて接着力を弱めるものがあるので、弊社のコルクグリスをお勧めします。

2.ベルと下管を組み立てる

① 左手で下管を、右手でベルを持ちます。写真のように楽器を持ち、他の場所に過度な力を加えないように気をつけましょう。

② ベルを左右に回しながら優しく押し込み、ベルのロゴマークを正面に合わせます。

3.上管と下管を組み立てる

① 左手で上管を、右手で下管を持ちます。この時、左手は上管のトリルキーと上管裏側のレジスターキーのパッド部を握るとパッド破れの原因になります。握らないように気をつけて、図のように上管を持ちましょう。

② 上管の連結キーは、そのまま下管とつなげようとすると、キー同士がぶつかり、キーについているフェルトやコルクがはがれたり、キーが曲がる原因になります。必ず上管のリングキーを押さえてから、下管とつなげてください。

③ 上下管の連結キーが正しく連動するように、キーがつながるように合わせてください。連結キーを合わせる時、ベル側からみると合わせやすくなります。

↓上管の正しい持ちかた 
  
↓上下管のキーの連結部分
 
↓リングキーを押さえて、上管連結キーが上がっている状態
↓連結キーがまっすぐに正しくつながっている状態

4.上管とバレルを組み立てる

① 左手で上管を、右手でバレルを持ちます。この時も、左手は上管のトリルキーと裏側のレジスターキーのパッド部を握らないように気をつけましょう。

② バレルを左右に回しながら、優しく押し込み、バレルと上管のロゴマークを正面に合わせます。

5.バレルにマウスピースを差し込む

マウスピースとバレルのロゴマークを、正面に合わせます。マウスピースを差し込む際も、今までと同じように、上管のトリルキー、レジスターキーのパッド部を握らないように気をつけましょう。

6.リガチャーをつける

マウスピースにリガチャーを合わせます。リード側を手前に向けた時、リガチャーのネジが右側に位置するように差し込み、軽くねじを締めます。

  • ネジは一般的に右側になります。
  • リガチャーには、ネジがリード側にあるタイプと、リードの反対側にあるタイプがあります。(写真参照)

7.リードを取り付ける

※ リードとマウスピースは音が出る大切な部分です。先端を破損しないように、大切に取り扱いましょう。演奏時以外はキャップをつけるように心がけましょう。

① リードの先端を湿らせます。

② リードをマウスピースにとりつけ、リード側から見てマウスピースの先端部がほんの少し見える位置にリードを合わせます、

③ リガチャーでリードが動かないように固定します。ネジをきつく締めすぎるとリードが振動しないので、注意してください。

↓正しい位置
↓リードの位置が高すぎる
↓リードの位置が低すぎる
↓リードが右に寄っている
所在地

〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目8−17

アクセス:
東京メトロ東西線「東陽町」駅1/4/5番出口より徒歩約3 分

コンタクト

電話 : 03-5632-5511

Email : showroom.tokyo@buffetcrampon.com

株式会社 ビュッフェ・クランポン・ジャパン

@ 2019 Buffet Crampon Japan ・ All rights reserved