test for templete

New”E11″ 試奏インタビュー

〈ビュッフェ・クランポン〉 “E11” B♭クラリネット リニューアル プロフェッショナル・モデルと共通する吹奏感、音色、キーメカニズムが特徴のビュッフェ・クランポン”E11″。 高級なグレナディラ材を使用していながら、リーズナブルな価格設定というのもうれしい限り。そんな”E11″がさらにグレードアップして登場。今回は、東京吹奏楽団でコンサートマスターを務めるクラリネット奏者の粟生田直樹さんに”E11″を試奏していただいた。 (文・構成=ザ・クラリネット編集部) 〈ビュッフェ・クランポン〉らしい温かみのある柔らかな音色 “E11”は、クラリネットを始める方に向けたエントリーモデルという位置づけです。学生などは吹奏楽で楽器を始めると思いますので、プロの吹奏楽団で活躍されている粟生田さんにお聞きします。吹奏楽におけるクラリネットパートの役割とは何でしょうか? 吹奏楽におけるクラリネットパートは、オーケストラにおけるヴァイオリン、ヴィオラの音域や役割を担当することが多いのですが、吹奏楽ではクラリネットパートがストレスのない響きを作ることが重要です。 例えば、クラリネットパートの響きにストレスがあったり、充実して響いて無いのに、金管楽器が自分達の吹きやすい音量で吹いてしまうと全体の音量バランスが悪くなってしまいます。クラリネットがしっかり鳴っていると、サックスや金管楽器、パーカッションなど音の大きな楽器でも、抑えることなく自分のやりやすい音量を出せるので、クラリネットパートのサウンドが吹奏楽に与える影響はかなり大きいと思います。音程も大事なのですが、クラリネットパートの人たちが音色的にストレスのない響きを出しているということが大事で、クラリネットパートが充実した響きを作っていると金管や打楽器が心地よい音量で演奏しやすくなるので、吹奏楽のサウンドとしても立体的で表情豊かになります。 クラリネットパートの響きや音程にストレスがあった場合、例えば音程が定まらなかったり、無理に鳴らしていたり、あまり響かないということがあると、他のパートにも悪い影響が出てくると思うので、クラリネットパートのストレスのない響きと音量作りは吹奏楽ではとても大事なことです。 音量バランスが大事なのですね。 普段の個人の練習でいい音が出せても、金管・サックス・打楽器などと音量でバランスを取る場合、音が埋もれないようにと、フルパワーに近い音量で吹いてる状況が良くあるかと思います。 その時に、響を殺してしまったフルパワーのサウンドではなく、ストレス無くクラリネットを響かせた状態の方が吹奏楽のサウンド作りでは大切だと思います。 力いっぱい鳴らしてしまう感じの音だと、クラリネットの音が単独で聞こえて、他と溶け合っていない状況になってしまいます。クラリネットパートは他の楽器の響きを受け止め、支える役割もあります。単純に音が大きいより、ストレス無く鳴らす・響かせるのが理想的です。 そんな吹奏楽にも、この”E11″は対応できるのでしょうか? “E11″は、丁寧に設計されていることやグレナディラで造られていることの影響だと思いますが、変なクセをつけずに響きを作っていける楽器だと思います。と、いうことはクラリネットの響きにも良い影響を与える可能性があると感じます。自然な響きを求めて練習すれば、音程も整っていくと感じさせる楽器なので、クラリネット同士や、他の楽器とのアンサンブルでも安心して拠りどころになれるポイントがあると思います。 “E11″は、力まなくても、他の楽器としっかり音が溶け込み、力まずに演奏できるということを体で覚えさせてくれる楽器です。 粟生田さんが”E11″を吹いたときの印象は? “E11は何度も吹いていますが、ビュッフェ・クランポンらしい温かみのある柔らかな音色を備えています。私が感じたのは、まず息が入れやすいということ。音色的には、高音域、低音域など、音域によって息をコントロールすることが少なく、すべての音域において同じような息の流れで吹くことができます。 また、キーのデザインや設計など、とても丁寧に行なわれているのは魅力的ですね。 “E11″はマイナーチェンジが実施されたそうですね。その内容を教えてください。 上位機種の”E13”と同じ「調整可能指かけ」を装備するようになったため、大幅に持ちやすくなりました。もともと力まず息が入る楽器なので、さらに楽器が軽く感じるはずです。 また、マイナーチェンジ前と同じグレナディラ材を使っていますが、”E12F”でも使われている透明のラッカーを採用して木目を生かした塗装になりました。

Read More »